ルーフトップバーの選択肢

ホーチミン市にはルーフトップバーが多くあります。1軒目で食事を済ませると、2軒目にルーフトップバーへ行くという流れになることも良くあります。

年齢を重ねて行くと、同世代であってもディスコのような賑やかな場所を敬遠するようになってくる人が増えてくるような気がします。

先日、ルーフトップバーへ行きたいというリクエストをされました。静かなところという注文付きで。

ホーチミン市にある有名なルーフトップバーは、どこもディスコのような賑やかなところが多いです。静かなところといっても無音というところはほぼ無いように感じます。

そんな中、絞り出して訪れた1軒目

Palms Cafe & Bar

チャンフンダオ通りからブイビエン通りへ入る角のところのルーフトップバー。イベント時以外は静かな印象だったので訪れました。

夜10時、少し前だったせいか、客がおらず、無音。

貸切状態なので、イケると思いましたが、「客がいないのは、なんか怖い」という理由で却下されてしまいました。

Chill Garden

1軒目から近いということもあり、2軒目に訪れたのは金融街にあるChill Garden。

お客さんもそこそこ入っていて、音楽もうるさくなかったのですが、明るかったことから、「ルーフトップやのに明るいわ」ということで却下。

Glow Skybar

無難な選択。DJブースから離れた席は音もうるさく無いのと、その注文の多い方も行かれたことがあるというので訪問。

しかし、リニューアルのため改装中とのことで入れず。

SOHY

結局、訪れたのはSOHY。

ステージの正面だったものの、会話が出来るレベルの音の大きさで、注文の多い方も納得の表情。

ただ風が強く、涼しかったのもあって、「寒いわ」と小一時間で会は終了。

静かなルーフトップバー、難しい選択なのはわかるのですが、こういうレパートリーも増やしていかないといけないと思った夜でした。

このページを共有する
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ

にほんブログ村