Grab(グラブ)で未払いしちゃうと超めんどくさいって話

Grab(グラブ)とは

ベトナムでグラブというと超便利なサービスです。
かつては『この人たち、仕事もせずに何をしているんだろう?』と外国人から思われていたおじさんがあちこちに居たんですが、今ではGrab(グラブ)やUber(ウーバー)の登場で、その人たちの正体がわかったという人も少なくないと思います。 *ベトナムのウーバーはグラブに吸収されました。
その人たちは、グラブなどの配車アプリのおかげで知名度が高くなり、『かつてはセオム(上述したおじさんたちの職種)なんてやってないで、ちゃんと働きなさい。』と家族に言われていた人たちの社会的地位が向上したように思います。
なんせ中にはベトナム人の平均月収の倍以上稼ぐ人もいるって話です。
だから、以前のようにバイクの上で寝そべっていても、グラブのジャンパーさえ着ていれば仕事をしているように思われています。

先日のこと

先日、久しぶりに1区へ飲みに行こうとしてグラブを使ったんですが、夜6時とかだったのもあって、1区へと向かう道は大渋滞。
ドライバーは渋滞を避けて脇道を使っていたかと思うと、どうやら迷ってしまった様子。
Google Mapsを使って道を検索するも回線が遅いのか中々出てこないようで、「道がわかるか?」と聞かれました。そこで普段バイクで使う道だったこともあり道を教えたところ、「OK」と言いそのまま走らせていたら、突然バイクを止めて(Google Mapsのナビが表示されたようで)「違うじゃねーか」とスマホの画面を見せて言ってきた。

(戻ったら脇道入った意味ないし、混んでいるので時間に間に合いそうもないから)「あっちは混雑しているよ」と告げたところ、(あーみたいな感じで頷きながら)また走り出した。

100mほど走ると、実は納得していなかったようで、もう一度スマホの画面を見せてきたので、「OK、戻っても良い。」「但し、あっちは混んでて30分くらいかかるけど、こっちは10分くらいで着ける。」「こっちで行けばチップもやるけど、戻って20分後の待ち合わせ時間に間に合わなければ星は一つしかつけない。」と言ったところ、渋々進み出した。

しかし、速度は10キロ未満のノロノロ運転。しかも「サォ、サォ」と叫びながら。

これには堪忍袋の緒が切れてしまい、「お金を払うから下ろせ」と下車。

馬鹿みたいに「サォ、サォ」と叫び続けていたので身の危険を感じ5万ドン(実際の料金は26000ドン)を払おうとしたところ、次は「ノー、ノー」と言いながらが走り去ってしまった。

もちろん評価は星1つ。ちゃんと理由も記載して送信したのは言うまでもない。

面倒臭いのは翌日からだった。

翌朝、知らない電話からの着信。無視していると、1回切れたのに再度同じ番号からかかってくる。(仕事のシムの場合は知らない番号でも出る)

『誰だろう?』と思いながら電話に出ると、グラブのカスタマーサービスからだ。

早口で何を言っているかわからない。(英語はゆっくり話してくれないとほどんど理解できない)

「英語が得意じゃないから、ゆっくり話してください」「あと、俺は用事がないから、今は仕事中なので昼休みに折り返す」と言うも聞き入れてもらえず、また同じことを話し出したので終話。

もちろん、直ぐに着信。

今度は「メールを見てくれ」と言われたので、「メールで返信するから、かけてくるな」と言い終話。

書かれていたのは『昨日の料金を払っていないので払ってください』と言う内容。

払おうとしたこと、また払う気があるから取りに来てくれと返信。

取りに行くことはしない。銀行振込かグラブペイの2択だ。
尚、途中下車の場合、利用距離が2km以内だと料金は必要ないと書かれていた。

外国人の銀行振込は凄く面倒臭いと言うか振込めないこともある。グラブペイはクレジットカードしか無理みたいだった。
そこで今日中には払えないので週末に銀行振込かトーヒエンタンの事務所で払うと伝え、ダメ元で降りたところの地図を添えて送ってみた。

直ぐに返信があり、地図は2km以内なのでドライバーのGPSを確認すると書かれていた。

これで面倒臭いのから解放されると思っていたのも束の間、立て続けにメールを受信。

ドライバーのGPSを確認したところ、地図の場所では下車していないので払ってくれと書かれていた。

再度、払う気があることと、土曜日に銀行で振り込むこと(連絡があったのは木曜日)を記載して送信。

返信がなかったものの、その日の夜は使えたので、待ってくれているものだと思っていたら、金曜日の夜にはアカウントが止められた。

金曜日はGoVietを使ったのでですが、やはりGoVietは絶対数が少ないので夜中は捕まりにくいので、月曜日に渋々カスタマーサービスに連絡を入れた。

驚きの返信内容に唖然

1日でアカウントを停止にしときながら、『メールをしてから3日間何もなかったのでアカウントを止めました。』と返してきやがった。

ここで揉めても面倒臭いので、これにはスルーして、『どうやったら、復旧するんだ?』と返信。

すると選択肢は2つMobifoneのカードか銀行口座のカード番号を教えろと言う内容。

After discussion, you could assist to pay to our driver by buying the phone card at the convenience store with the Mobifone mobile network the amount of fare VND 26,000. Then relying this email with the serial number of the card. It is the best way we can think of. We really appreciate if we can have your kind understanding and support to settle the fare

Regarding to your issue that you could not use the Grab Pay. Would you like to provide us your card information so that we could assist you.

  1. Your bank card name.
  2. First 6 digits.
  3. Last 4 digits.
  4. Expired date.

Should you have any other request or require further assistance in this matter, please simply reply to this email. For any other inquiries, please kindly refer to the Help Centre on your Grab application for more information or send us your feedback.

We wish you all the best and we would be very much looking forward to serving you again soon.

どう考えてもモビフォンのカード1択だろうと思い、夜中にもかかわらず即返信。

催促対応は迅速、確認復旧はめちゃくちゃ遅い

朝7時半には指定の方法で送付したところ、確認復旧するまでに要した時間10時間。
最低でもメールを受領したことくらい入れてきたら良いのに。

ヤクザかサラ金の取り立てかと見紛うほどに催促しまくるくせに、お金を回収したら対応が激遅になるという…これが世界企業。

『カスタマーサービスの対応はどうですか?』とメールが着たら、『お前らはヤクザか』と返してやろうと思っていたが結局そのメールは来なかった。

このページを共有する

あわせて読みたい