昼、ケンタ

昼、ケンタ | サイゴンワーク

クリスマスにケンタッキーを食べる習慣がなかったのに、無性に食べたくなりケンタッキーフライドチキンに行ってきました。

日頃、ケンタッキーフライドチキンを食べないので、普段との比較は出来ないですが、結構な客入りでした。ベトナムのケンタッキーフライドチキンも、クリスマス商戦に出ているのかなと思いました。

ちなみに頼んだのはホット&スパイシーチキンのコンボです。

バンズの間にあるチキンは揚げたてのようで、とても美味しかったです。

ちなみに日本のクリスマスにチキンを食べる文化というのは、もともと西洋の七面鳥からきているのは有名ですが、七面鳥は日本人に口に合わない上に入手困難とあって、1980年代くらいから七面鳥から鶏に変わっていったようです。

ケンタッキーフライドチキンの日本進出が1970年代(正確には1968年7月)と聞いたことがあったので、関連性があるのかと調べたところ、ケンタッキーフライドチキンがマーケティング戦略を行ったというわけではなく、クリスマスにチキンが売れるようになったから、その流れに便乗しただけのようです。

当時、ケンタッキー・フライド・チキンの店長が「10年くらい前から、七面鳥の代わりにチキンがよく売れるようになった」(1989年12月25日朝日新聞栃木県版)とクリスマスチキンの人気を証言しています。

日本人がクリスマスにチキンを食べるようになったのは、意外に最近のことだった
このページを共有する
PVアクセスランキング にほんブログ村