ようやく一風堂レタントン店(ベトナム2号店)へ

週末とあって、ホーチミン1区で夜遅くまで飲む機会があり、ようやく一風堂のホーチミンというかベトナム2号店へ行くことが出来ました。

大阪ラーメンがなくなってから寂しくなっていた夜12時以降の締めラーメン事情。

暖暮も良いのですが、あの風俗街と化したヘムの中に入るには試練が多すぎます。あのヘムの中で飲んでいれば良いのですが、私を含めて、私の周りにはレタントンで飲む人が少ないので、暖暮へ行くにはわざわざ感もあり、一人では躊躇してハオハオで我慢してました。

そんな中、レタントンとタイバンルンの交差点に一風堂の2号店がオープンしました。

前はラーメン屋が入ってましたが、オープン当初に行って私には合わないと思い、行かなかったので名前を忘れてしまいました。

このレタントンの一風堂は、深夜2時まで営業しているようです。酔客にとっては重宝すると思います。

1階はテーブル席のみ。大きなテーブルではなく相席になったら気まずくなるタイプのテーブル席とボックステーブル席です。

混雑時は一人での利用が憚られます。

12時を回っていたこともあってか、混雑している感じではなかったのですが、1階席は埋まっており、半数以上が韓国人の方でした。

ラーメンは一人分ずつ丁寧に作っているようで、出てくるのに多少の時間はかかっており、私より後に入ってきた4人組の席は初めに出された人が食べ終わる頃に最後の人の分が出てきていました。

ちなみに替え玉は直ぐに提供されていました。

このページを共有する