コスパ最高!和牛焼肉ビュッフェ「Marukin BBQ」

和牛焼肉を心置きなく食べられるお店

最近、急に和牛が食べられるお店が増えてきました。
その多くのお店で提供されている和牛は、オーストラリア産かタイ産のものがほとんどです。(牛角はオーストラリア産黒毛和牛が食べられます。)
2019年になってから出てきたお店はどこも日本から持ってきている和牛を使っている高級店といった印象のお店ばかりです。
代表的なお店ですと、「焼肉 J(ジェイ)」、「響(ひびき)」「矢澤」といったところでしょうか。

そんな中、レタントンにある高級焼肉店の「焼肉会館 マルキン」がタンフーのイオンモール(ベトナム1号店)近くにファミリー向け焼肉店を出したと聞いたので行ってきました。
ちなみに浦江亭のような単なるファミリー向け焼肉店とは違ってビュッフェスタイル(食べ放題)です。

お店の看板

お肉は短角和種

お肉は短角和種という和牛の一種で、宮城県の仙台から入れているようです。
短角和種といっても日本人の多くは聞きなれないかと思いますので、調べてみました。

短角和種とは、東北地方原産の日本短角種(肉用牛で南部牛と呼ばれていた)とアメリカから輸入されたショートホーン種とデイリー・ショートホーン種を交配して改良が行われました。改良の方針が繁殖地域で異なっていたものを、昭和18年頃から登録が開始され、「褐毛東北種」と呼ばれる牛が誕生しました。その後、昭和32年に審査基準などを統一したことにより、現在の「短角和種」が誕生しました。

毛色は濃赤褐色、和牛としては大型の種類になっており、肉質は黒毛和牛に比べるとやや劣ります。ただ赤身には定評があり、アミノ酸が豊富に含まれていることから噛むほどに美味しいと言われています。
中でも「いわて短角牛(いわて牛)」はブランド牛肉となっています。

メニューは2種類

訪問した日は、夕方から雨が降ったり止んだりしていたことや、まだまだ認知度が低いせいか、店内の客足はまばらです。壁にはインターネットでダウンロードしたような印刷が粗めの昔のポスターが貼られています。

ボンカレーは島倉千代子?

席に座ると、メニューを見せてくれます。食べ放題のメニューは、279.000ドンと349.000ドンの2種類あるようで、しゃぶしゃぶやすき焼きが食べられる349.000ドンを選びました。(ちなみに日本語がN3くらいのレベルで話せるスタッフが居られました)

349.000ドン
279.000ドン

最初に5種類のお肉が出てきます

コースを選ぶと、最初に5種類のお肉が出てきます。カルビ・ホルモン・鶏肉までは見てわかるのですが、残りは2つはどこの部位かわかりませんでした。

「(和牛焼肉で)なんで鶏肉なんだよ?」

と言ったクレームは受け付けてないと思います。

5種類を食べ終わったら自由に頼めます

鶏肉とホルモンはイマイチでしたが、他は美味しかったので牛肉を追加していきます。

牛タンもあったんですが写真を撮り忘れています。

美味しくて、コスパ最高

追加で頼んだものは好きな部位といこともあって、どれも美味しく食べました。

途中、網交換をしてくれたり、肉を食うことに真剣になっていたらサラダもありますよと教えてくれたり、接客サービスがしっかりと教育されている印象を受けました。

そして、何と言ってもお肉が美味しい。

349.000ドンにコーラを頼んで、40万ドンくらいだったと思います。

1区の高級焼肉店に行かなくても、和牛焼肉が二千円ぐらいで楽しめるのは、なんとも言えない幸せです。ここが流行って、2店舗目、3店舗目と店舗が拡大して、いつかホックモンにオープンしてくれることを願っています。

お店の詳細

住所:5A Tân Quý, Tân Phú, Hồ Chí Minh

イオンモール セラドンの目と鼻の先の場所にあるものの、正直不便な立地で交差点から少し入ったところにあります。交差点には黄色い看板の有名な携帯ショップ「Thế giới di động」があるので、とりあえずはこれを目印にしていくとわかりやすいです。

このページを共有する

あわせて読みたい