カフェグルメ情報

古ぼけたアパートの隠れ家 カフェ「Things Coffee」

隠れ家カフェのはしり

ホーチミンに初めて訪れた5年前、その時は空前の隠れ家カフェブームでした。
その中でも先頭を走っていたのは、14 Ton That Damのアパートに入居しているカフェ「Mocking’s Bird」と、今回訪れた「Things Coffee」 だと思います。
1年くらいしたら、知る人ぞ知るじゃなくて有名になっており、一気にお店が増えた。2階のスナッフボックスというバーは雰囲気が良い(昔はIT系の人たちが集まるカフェ)。
それに伴い家賃が高くなったせいか、1区の他のアパートにも同じようなお店が増えたような気がする。そして、服屋ばかりが集まったのが42 Ton That Thiepで、カフェばかり集まったのが42 Nguyen Hue(通称:The Cafe Apartment)です。今では、この2つの方が有名ですが、どちらも14 Ton That Damより後の話です。

古ぼけた感じがオシャレ

ベトナム戦争時代から建ってそうなアパートは、昼間はローカルファッションブランドなどのモデルさんの撮影が行われていることも多いです。この古ぼけたアパートは煤けた感じがオシャレさを醸し出していました。

正直、初めて訪れた時は、廃墟と見紛うほどで、入居していたのは服屋とカフェくらいだったと思います。(4つあるカフェの内、1つはメイドカフェと言う意外な過去)

今はマンション入り口に看板が出ているし、以前より明るくなっているので、夜にきても、まだ安心感はあります。

客入りが良かったのは

私自身、好きなのは2階にあるThings Coffeeなんですが、いつ行ってもお客さんが多かったのは4階にあるMocking’s Birdです。

メイドカフェは入ったことなかったのでわかりませんが、今はスナッフボックスというバーになっているとこにあったカフェは雰囲気が悪くなかったのに客を見たことって少なかったです。

1年ぶりに訪れたけど変わらずの居心地の良さ

2階の普通に住人がいる隣にお店があります。
昼間はそうでもないですが、夜は普通の家庭的な住人がいます。
なので昼間よりも夜の方が入りにくいです。

黄色い扉を開けて店内に入ると、いつも変わらない雑多な内装で、バンドマンと芸術家がルームシェアしたらこんな感じになるんだろうなって思わせるような空間が広がってます。

飲み物は普通です。少し高いかなってくらいですが。

Things Coffee の店舗詳細

金融街の一角にある古ぼけたアパートの2階にお店があります。

住所 : Chung Cu, 14 Ton That Dam, P.Nguen Thai Bin , Q.1, HCM

このページを共有する