東京豚骨拉麺 ばんからの醤油豚骨ラーメンを食べる

高島屋に行く機会があったので、ラーメンを食べてきました。

東京豚骨拉麺 ばんからとは

高島屋(サイゴンセンター)にはオープン時に2軒のラーメン屋が入居しました。日増しに旭川ラーメンから遠のいていっているような印象を受ける『旭川ラーメン 梅光軒』と、スープは日本と変わらない味の『東京豚骨拉麺 ばんから』です。

前者の『旭川ラーメン 梅光軒』には日本人が常駐しており、よくあるベトナム人スタッフのさじ加減ではなく、管理されている変更だと聞いているのですが、Wスープのこってりラードというのが旭川ラーメンの特徴だと思っているものの、オープン当初から比べると、かなりあっさりした印象があり、どうしても食べたいという中毒性が少なくなっている気がします。(不味くはないのですが)

今回訪れた後者の『東京豚骨拉麺 ばんから』は、オープン当初に行った時は『こんな美味しいラーメンがベトナムで食べられるなんて』と感動したことを今でも忘れません。しかし、日が経つにつれて、日本人スタッフがいなくなったのか見かけなくなると、スープが薄い時や麺が茹で過ぎている時など頻繁に劣化を感じてしまい、足が遠のいていました。

いつ行ったか記憶にないくらい久しぶりの訪問

別の記事でも書きましたが、サンワータワー裏に用事があったので、ついでにラーメンを食べに訪問してきました。前回、ばんからラーメンを食べたのがいつだったのか記憶にないくらい久しぶりの訪問です。

『東京豚骨拉麺 ばんから』があるのは、高島屋(サイゴンセンター)というか、サイゴンセンターの6階にある大江戸横丁という複数の店舗が入居したフードコート内の奥にあります。

このフードコートは、お店ごとに仕切りがあるのですが、どこの席についても、大江戸横丁内のお店であれば、料理を注文することが出来ます(全店舗のメニューを持って来てくれます)。非常に便利なシステムだと思います。

ただ基本的にどこも炭水化物のお店なので、ラーメンとお好み焼きとか寿司と焼きそばとか、一人でのニーズは少なそうです。しかし、友人や知人などと行って、ここさえ行けば行く前に意見をすり合わせなくても大丈夫というのは良いと思います。

迷いに迷って注文したのは

迷いに迷って注文したのは醤油豚骨チャーシューラーメン(大)です。他にクリーミー豚骨ラーメンや味噌ラーメンがあったと思います。

背脂が浮いているのが良いですよね。食欲がそそります。

ごまとかニンニクとか紅生姜とかありましたが、七味を確認し忘れました。もちろん胡椒は見た気がします。(醤油豚骨には七味とニンニクというのがベストマッチだと思っている)

スープは一時期のスランプからは脱却した感じで美味しくなっています。(元と比べたら少し劣るかも)

しかし、麺は出前一丁の生麺タイプのような誰が作ってもそれなりに美味しくなるような麺の食感と味で、あまりこのラーメンには合っているとは思えないものでした。麺の味自体も美味しくありません。(茹で過ぎてるわけじゃないのですが)

東京豚骨拉麺 ばんからの店舗詳細

サイゴンセンター側(ナムキーコイギア)の入り口から入ったら迷うことがないと思います。店内に入って直ぐにあるエスカレーターでひたすら上に昇るだけです。

エスカレーターを降りると、『あっ、まだ久原があるんだ。』と感動しながら、大江戸横丁を目指します。そして横丁内に入って奥へと進みます。寿司屋の奥が『ばんから』です。

住所 : Sai Gon Center Nam Kỳ Khởi Nghĩa, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

Google Maps : https://goo.gl/maps/xGpb5PbvjZq6FoA16

このページを共有する
PVアクセスランキング にほんブログ村