生活情報

ホーチミンのストリートブランド「5THEWAY」

ストリートファッションが人気

最近、おじさんでもわかるくらいにストリートブランドが人気しています。

おじさんでも見かけるようになってきたのは、ここ2年くらいでしょうか。
一昨年くらいにグエンチャイ通りのヘムにギンザというクラブが出来て、定期的にストリート系のファッションイベントを行なっているのは知っていました。

でも一部の人(流行に敏感な若者)が着ているくらいで、そこまで流行っている印象は受けませんでしたが、去年のテト明けくらいから見かけるようになってきました。

その中で、一番見かけると言っても過言ではないのが「5THEWAY」というブランドです。

5THEWAYと最近の若者文化

2014年に出来たばかりの比較的新しいブランドで、ベースがベトナムとは言ってますが、確かサイゴン発のブランドだと思います。(ホーチミン以外に店舗を見つけられない)

よくよく考えてみると、2014年に出来たブランドで今人気があるのってカバンのJAMLOSもそうだし、これもカバンだけどSAIGON SWAGGERも。あ、MAMA VIRUSもそうじゃないのかな。

2014年ってサイゴンカルチャーの創成期じゃん。

てかChung Cu 42 Ton That Thiepに入ってた。今思うと、これヤバい。(あの当時、このアパート、めっちゃおしゃれくらいしか思ってなかった)
あのアパートの仕掛け人とか、居れば会ってみたい。

あのアパートは最近のサイゴンの若者文化(おしゃれに関して)に物凄く影響を与えたんじゃないのかな。これについて調べたくなってきた。

やっぱメディアやるために準備するわ。

このページを共有する