ニャチャン 最終日は、Bo Nuong Lac Canhで焼肉ランチ

老舗感ハンパない焼肉屋

最終日のランチで訪れたお店は”Bo Nuong Lac Canh”という、
ニャチャンでは有名な焼肉店です。

Googleでの評価はそこまで高くはないのですが、コメント数は900件オーバーです。

そしてベトナム語を話せない私がタクシーの運ちゃんに店名を告げるだけで、連れてってくれるお店です。

ホーチミンでは、ホテルとアパートメント以外で名前だけでたどり着けることはありえません。

雨が強く降っていたので外の看板は撮れませんでしたが、
店内を見れば一目瞭然です。
全てに年期が入っています。

11時過ぎでしたが、ベトナム人の方で賑わっていました。

さすが有名店 メニューは4ヶ国語対応

有名なお店だけあって、外国人も多く訪れるんだと思います。
メニューは4ヶ国語対応でした。

英語・ベトナム語以外は、ロシア語と中国語なのは、ニャチャンらしいです。

ホーチミンであれば、中国語と日本語とかのパターンの方が多いように思います。(ロシア語は選択肢にないと思います)

牛肉の下がカエル…

オーダーをしたのは、前回来た時に美味しかった2品(Bo Nuong Lac CanhとBe Thui Bop Thau)とPha Lauにしました。

肉は七輪で焼きます

出てきた順番に

ビール(サンミゲル)。
サンミゲル姉さんが居てて、サンミゲルしかないみたいな雰囲気で迫られます。
あまり多く飲まないので言われるまま、サンミゲルにしました。
(前回もサンミゲル飲んだような記憶があります。)

Bo Nuong Lac Canh。
赤身肉で、新鮮そうなのがわかるくらいの赤です。
漬けタレは甘めです。
焼いた後は、レモン塩につけるか、そのまま行くかのどちらかです。

赤身肉は七輪で焼きます。
かなり年期の入った網と七輪です。

Be Thui Bop Thau。
子牛って聞いたのですが、あってるか自信はありません。
ただ美味しいです。
通常、ごませんべいに乗せて食べます。しかし、私はごませんべいはそれだけで食べたい派なので、普通のサラダ感覚で食べます。

Pha Lau。
ベトナム風モツ煮込みです。
ホーチミンだと、めちゃくちゃ甘いお店が多いので、もつ鍋とかホルモンを食べられる日本人でも嫌いな人が多い食べ物ですが、ここのPha Lauは少しだけしか甘くなく、全然美味しいレベルです。
これだと甘辛く炊いたもつ煮込みだったら受けるんじゃないかと思いながら食べました。

日本とか韓国のような焼肉と違って、牛の部位による肉の種類は少ないですが、味は美味しいです。

ニャチャンで海鮮三昧の合間とかに行ってみてください。

このページを共有する