テト5日目 カントー

テト中、一泊はカントーに泊まろうと思っていたので、テト休暇に入って直ぐにカントー出身のベトナム人の友人や知人に美味しいレストラン(ローカルフードを含む合計8軒)を聞いていました。

ソクチャンとカントーはゆっくり行っても2時間と掛からないので、ソクチャンを出たのは11時前。途中、タバコ&カフェダ休憩を挟んだものの、カントーに着いたのは13時少し前。

カントーの街中はテトとあって、ソクチャンよりも閑散としていて驚きました。そして、もっと驚いたのは事前に聞いていたレストラン全てがシャッターが下ろされ営業していなかったことです。友人や知人からは、営業していない可能性があるとは聞いていたものの、10軒近い候補全てが営業していなかったのです。

宿泊するか、しないかも含めて作戦を考えようと、運よく開いていたホテル経営のカフェへと入店しました。

そのカフェは川ぞいにあり、まるでリゾート地にでもあるようなオシャレな作りとなっていました。メニューを見ると、フードメニューもしっかりとしており、ローカルフードを食べるという前提の旅でしたが空腹に負けて注文。

しかし、テト期間中はフードメニューは一切扱っていないとかで、結局、私の昼飯となったのは、こちら。

夜になったら、オススメされていたレストランが開くかどうかは、完全に薄い期待だと思い、それに掛けるよりも、カントーから離れて、そこのお店もやっていなかったという方が私的には諦めがつくと感じ、カントーで泊まるのを諦めました。

カントーで一つ『これ良い!』と思ったのは交差点の右折専用レーンです。

ホーチミンも導入すれば良いのに。右側のレーンから左折する人とか、一番左から右折する人とか、たまに居て、危ないと思うので。

このページを共有する
PVアクセスランキング にほんブログ村