アフターコロナ初のChilliesライブ@Lost in Saigon

ベトナムのアフターコロナは5月半ばだったものの、ホーチミンでは音楽系のイベントはされていませんでした。ホーチミンでは、といったのは、ハノイやダナンでは行われてたからです。

そして私の好きなバンド『Chillies(チリーズ)』がアフターコロナ初のホーチミンでのライブが、ブイビエン通りのLost in SaigonのHoi Ngamというイベントで行われると聞き、事前にチケットを買って行ってきました。

Lost in Saigon

Lost in Saigonはクラブで、デタム通りとブイビエン通りの交差点の近くにあります。

たまにブイビエンに飲みに来ることがありますが、他のクラブやビアクラブが大盛況であっても、ここにはあまり人が入っている印象がありませんでした。そのため、Chilliesが出るとは言えど、結構空いているものだと思っていました。

しかし、イベント当日は外に人が出るほどに一杯で驚きました。

以前は、別の場所にあったのか、Google Mapsの表記上は49 Bui Vienになっていますが、実際は60-62 Bui Vienでポイントの位置は合っています。

Hoi Ngamとは

Chilliesが出演したイベントは、記念すべき1回目のイベントでした。

INDIEとHIPHOPを主体とした、ハイネケン シルバーがメインスポンサーのイベントです。

出演者の主体は、ヒップホップ歌手がメインのようで、2020年7月11日に行われる2回目にはThinh Suyや7UPPERCUTSも出ますが、他はヒップホップ歌手で構成されています。

何気にNaomi(Huỳnh Roestel Naomi)も出るようです。

ちなみに彼女を知ったのはMamavirusという服屋のモデルをされていたことです。ずっとモデルさんだと思っていたら、WEANと一緒にいる人だったことに最近になって気づきました。

Chillies(チリーズ)の出番は最後

イベントは、ヒップホップメインの曲を流すDJから始まりました。

陣取った位置は関係者が多くいるエリアでした。ほとんどがイベントスタッフでオールアクセスのTシャツを来ていました。

去年行われたCa Hoi Hoangのツアーもオールアクセスが仕切られており凄く良かった印象があったんですが、「こっち居てください。」と案内されたのは柱の影でステージが見えない位置。

しかし、スタッフは、仕事そっちのけでステージ横の見えやすい位置からスマホで写真を撮ったり、ムービーを撮影したり。仲にはいちゃついている方々もいる始末。

話がそれてしまいましたが、ステージでは、DJの後は、ラッパーが代わる代わる出ては歌っていました。

知っていたのは、Gokuって人と、Tofuって人くらいでした。

全てのラッパーが歌い終えると、ラッパーを並べて、ミニゲームが始まりました。

そのミニゲームは、スポンサーであるハイネケン絡みなんだと思いますが、ラッパー達によるハイネケン シルバーの一気飲み大会でした。

誰が勝って、何か商品をもらったのかわからない流れで、メインのChillies(チリーズ)が始まりました。

ステージにはDJブースが陣取っているため、どのような演奏形態になるのかと思っていたら、ボーカルとギターのみステージに。

他のメンバーは、ステージ下で演奏するという構成でした。

このページを共有する
PVアクセスランキング にほんブログ村