now.vnは便利なんだけど…

よく利用するアプリ「now.vn」

グラブとかは日常の足として利用する人が多いかと思いますが、食べ物のデリバリーサービスを行なっているnow.vnは使いこなすと非常に便利です。

ベトナム語が苦手でも容易に使いこなすことが出来るので、英語が読めたらダウンロードすることをオススメします。

簡単に言うと、出前館と同じなんですが。

サッカーなどで道路の混雑が予想される時や、雨期でもないのに雨が降ってて外出したくない時には、食べたいものを選んで家まで持ってきてくれます。

電話番号認証と住所さえ入力していれば、あとはクリックするだけです。

唯一の問題点

結構、頻繁に利用しているのですが、唯一の問題点はカスタマーサービスがクソだと言うことです。

普通に利用していれば問題なんて生じることは、皆無と言って等しいです。あってもドライバーが道に迷ったとか、予定より遅れるとか、お釣りがないとか、そんな類いです。

今日、インターンシップで来てくれている大学生の誕生日だったんですが、いつも必ずと言っても良いほど、ベトナム人マネージャーがケーキを買ってくるんですが、社長から伝わってないのか買ってきていませんでした。

残念なことに弊社には他に気の利くようなスタッフが皆無なので、愛用のnow.vnアプリでケーキを頼みました。(私は別部署なんですけどねw)

気持ちだけ伝われば良いので近いところから、ベトナムっぽいケーキを選んで注文しました。(午前10時前)

アプリ上では最初30分から、注文後に40分へと変わりました。
これは良くあることなので気にしてません。

30分くらいしてから、急にカスタマーサービスから電話がありました。(午前10時半頃)

「今、お店から連絡があり、ケーキがないから早くても3時間後になる」と告げられます。

就業時間中に来れば良いので許容範囲ということと、もし早くなる場合は連絡して欲しいと伝えたところ、

「お店からは早くて3時間後になるから、それより早くなることはない。遅れることはあるかも知れないけど。」

12時から13時は昼休みなので会社に居ないこと、13時以降なら大丈夫と伝えました。

そしたら、

「13時30分以降なら大丈夫ですか?」

もちろん、大丈夫と返答。

「到着10分前には電話します」

と言われ終話。

ところが、

お昼休憩を満喫している最中にアプリに”到着しました”というメッセージが来ました。

既読スルーをすると、直ぐにドライバーより着信があります。

ベトナム語で「今、着いたんだけど」みたいな内容だったので、知っている単語を駆使してベトナム語で”今居ないから30分待って”と伝えると「いつだ?」と聞かれたので”1時以降だ”と返答。YesもNoもなく無言で終話。

直ぐにカスタマーサービスから電話がありました。

「ドライバーが着いたんで取りに来て」

知ってるけど、今居ないから取りに行けないことを伝えるも、

「早く取りに来てもらわないと困ります」

と言って勝手に電話を切られた。

折り返し電話をしても電話は繋がらず。

アプリを見ると、’取りに来て’、’ドライバーが待ってます’と馬鹿の一つ覚えのように繰り返されるメッセージ。

取りに行けない理由と、何で連絡がなかったのか?と伝えるも

同じように’取りに来て’、’ドライバーが待ってます’とメッセージを入れてきます。

埒があかないので仕方なくオフィスにいるスタッフにお願いをして代わりに受け取ってもらうことが出来ました。

カスタマーサービスの評価が出来ない

カスタマーサービスからの説明がないので、あくまでも推測になりますが、

初めにお店側が在庫を切らしており、3時間と伝えたけども急いで持って行かないと行けないと言う配慮があったように思えます。

now.vn側はお店から3時間と伝えられていたことに対して、客(私)が大丈夫と答えているので、そこで問題が解決したと思い、お店へは連絡を怠ったんではないでしょうか?もしくは「大丈夫です」とだけ答えたか。

多分、客(私)が”3時間はダメ、それより早く持ってこれないか?”とか”キャンセルだ”と言っていれば詳細を伝えたとは思いますが。

Grabなら”カスタマーサービスの対応どうでしたか?”と、評価を促すメールが来るんですが、now.vnに関してはそう言うのはなく、またアプリ上で評価をすることが出来ない。評価を出来るのは、ドライバーとお店だけ。

now.vnはfoodyが運営母体だとは思うんですが、飲食店をやっていた時にfoodyの営業マンやライターさんとか皆んな教育されていて、感銘を受けたことがあります。

ちなみに今はわからないですが、当時のfoodyの営業マンやライターさんは遅れてもないのに来る前に必ず電話を一本入れてきましたが、逆に日本人営業マンは電話もなく遅れて来るのが普通でした。

このページを共有する

あわせて読みたい