昼も夜も混んでる『O Nho』

先日、コムヘンを食べた時、近くに凄く混んでいるお店を発見し、今回はそのお店に訪問しました。

Banh Canh Ca Locとは

Banh Canh Ca Loc と聞いても、魚が入っているBanh Canh(バインカン)くらいにしか想像が出来ませんが、Ca Locを調べて驚きました。

Ca Locとはスネークヘッドフィッシュのことで、日本人的には雷魚(ライギョ)という方が馴染みがあるかと思います。

日本での雷魚のイメージはかつて食用として移入されたものの、食べなくなった今は、自然繁殖して外来魚として扱われていること。食べられなくなったのは、美味しくないからという理由からということだと思います。

これ食べる前に調べていたら、ここには来なかったかも知れません。

注文したのはもちろんBanh Canh Ca Loc

注文したのはもちろんBanh Canh Ca Locです。他のテーブルを見ても8割以上はこれを食べていました。

待っている間に、うずらを1つ食べました。(他の2つは有料とは思いましたが、うずらも有料でした。)

待つこと2分くらいで出てきました。

スープは魚っぽくなく、多分、鳥だと思います。

このスープはかなり美味しくって、また雷魚もちゃんと下処理をされているんだと思えるくらい、淡水魚独特の臭みはなく、美味しかったです。

美味しくって、どんな魚かと調べて、雷魚だったんで驚いた次第。

雷魚は白身で淡白でした。これ、もしかしたら知らないところで海水魚だと思って食べてるかも知れません。

O Nhoの店舗情報

雷魚のバインカンが食べられるお店、と聞くとそそられませんが、バインカンが好きで魚が嫌いじゃなければ、是非とも行って欲しいと思えるくらいの美味しさです。

雷魚のイメージが変わる気がします。

ちなみにPOSを導入しているようで、店員さんはiPad片手にお会計をされていました。

住所:160 Đường A4, Phường 12, Tân Bình, Hồ Chí Minh

Google Maps : https://goo.gl/maps/1m177F5z4DmkGd33A

このページを共有する
PVアクセスランキング にほんブログ村