大娘水餃vs越娘水餃(大娘餃子)

ホーチミン市5区にある大娘水餃(ダイヌンスイカオ)と越娘水餃(ベトヌンスイカオ、大娘餃子)は、元々はどちらも同じ系列のお店で、どちらも大娘水餃(ダイヌンスイカオ)と名乗っていました。今もまだあるのか知りませんが、ビンズンにも同じ系列のお店が1店舗あり、合計で3店舗展開されており、日本人の間では5区の餃子屋として有名でした。

いつだったか忘れてしまいました(5年前くらい)が、5区の2店舗で『大娘水餃(ダイヌンスイカオ)』の本家を巡って争っているという話を聞いたことがあります。その争っていた時は今の越娘水餃(ベトヌンスイカオ)は別の通りにお店を構えており、争いに負けてから店名を『大娘餃子』に変えたというところまでは聞いていました。

しかし、いつの間にか『大娘餃子』を見なくなり、潰れてしまったとばかり思っていたので、本店とされる東源鶏飯の近くのお店ばかりに行ってました。

潰れてしまったとばかり思っていたところ、友人がフェイスブックで『久しぶりに大娘水餃に来ています』と紹介されていたのを見て、俺の知っている”ダイヌンじゃねー”と確認したところ、チャンフンダオ通りにある教えてもらい翌日行ってきました。

綺麗とは言い難いですが、以前と比べても、また本店と比べても、幾分か新しい雰囲気がします。

オーダーシートは、本店は横なのですが、こちらは横です。

メニューを全て覚えているわけではないのですが、パッと見は同じです。

強いて違うところ言うとすれば、本店は知らないとハーフサイズの注文が出来ないのですが、こちらは注文表を見ればハーフサイズの注文ができるような感じが出ています。ちなみにスープのサイズは注文表に表記されています。

中国語とベトナム語(どちらもわからない)で注文の確認をしてくれるので、本店と比べたらサービスは良い印象を受けました。(本店は6年くらい通ってますが、おばちゃんに話しかけられた記憶がない)

こちらのお店でも注文するのは、本店と同じ。”焼き餃子”と”水餃子を半々”で注文しました。

中国語とベトナム語で確認された時は何を言っているのかわからなかったのですが、焼き餃子も半々で出してくれました。(ちなみに本店は焼き餃子は半々には出来ません)

餃子が出てきてわかったのですが、大娘水餃と越娘水餃は全く別の店になっていると思います。本店とチャンフンダオ店とわかりやすく表記していますが、これは間違いですね。大娘水餃と越娘水餃で表記するのが正解だと思います。

見た目でわかる違いは、餃子の皮と大きさ。

時々、ねちゃっとした皮がある

こちらの写真は大娘水餃(本店)なのですが、明らかに違いますよね。

皮の厚さ、モチっと感。大きさは写真ではわかりづらいですが、越娘水餃の方が少しだけ小さい。

見た目から、今回の越娘水餃の方が上。期待が膨らみます。

一つ、口に入れます。舌の上に乗せた時の皮のモチっと感は、食べた時の方がわかります。

しかし、感動はここまで。

中の具は味気もしないほどに不味い。ほぼ水。

『何じゃ、こりゃ!?』と思い、恐る恐る確認すると、水餃子だけでなく焼き餃子もほとんどの皮が破れていました。最悪。

数個、皮が破れていなかったのは、本店よりも美味しかっただけに残念。リベンジをしようとは思いますが、いつになるかは…。

越娘水餃(ベトヌンスイカオ)の店舗情報

大娘水餃のチャンフンダオ店とされるお店。

住所:964 Đường Trần Hưng Đạo, Phường 7, Quận 5, Hồ Chí Minh

大娘水餃(ダイヌンスイカオ)の店舗情報

大娘水餃(ダイヌンスイカオ)の本店とされるお店。

住所:125 Đường Châu Văn Liêm, Phường 14, Quận 5, Hồ Chí Minh

このページを共有する
PVアクセスランキング にほんブログ村