ベトナム国内旅行情報

ニャチャン 2日目 タグー滝を見に行く 前編

2時間の寝坊

前日の列車では、ニャチャンを乗り過ごしてはいけないと思い、
午前3時過ぎに目が覚めてから、ずっと起きていたことや、
ニャチャンに着いてからは遊ぶのに忙しすぎて
夕飯後にはバーへ行き、結局寝たのは12時を過ぎていた。

そのことが災いしてか、普段通り5時半には起きれず、
起きたのは7時半を回っていた。
予定では、どんなに遅くても8時には出発しようと思っていただけに
これはやってしまった。

後悔しても仕方なく、途中でご飯を食べる選択肢よりも
朝にたらふく食べて昼を抜く方が賢明だと思い、
朝食を食べにレストランのフロアへ。

この日は西洋人(ロシア人とフランス人ばかり)が多かった
目玉焼きやオムレツはおじさんが手際よく焼いてくれます。
ランチの分もと思いガッツリいきます。

自然を見ながらと思ったのが最悪の展開に

せっかくニャチャンに来たので自然を見ながらと思い、
明らかに早いであろう、国道1号線経由で行くことをせずに”DT6571″からの”DT3″というルートを選択。

これが最悪の展開となってしまいました。

途中までは道も悪くなく走りやすかったのですが、DT3に入った途端にコレ。

コレなら、まだ良い方で

ほとんどがコレです。

オフロードが好きな人には楽園かも知れませんが、
道の良し悪しなら良い方が絶対に良いと思っているので苦痛です。

こんな道が約20km続くので疲れます。

ただ2つある踏切をどちらも引っかかるというラッキーには恵まれました。
そんな列車が走っていない国で2回連続で引っかかるなんてラッキー以外の形容が見つかりません。

結局、国道1号線に出るまでに2時間弱も費やしてしまい、もう昼前です。

1号線に出たのも束の間、すぐに山道です

無事に1号線に出たものの、Google Mapsは山へと誘導します。
いつかは山に入るので市街地手前を右折して、駅前の通りから山へと向かうルートを選択しました。

Ga Suoi Cat前の通り
このページを共有する